« 2018年10月26日大阪府教育庁私学課との「協議」報告 | トップページ | 2月23日教育研カフェ 象徴天皇制は教育でどう扱われているか »

2019年1月 3日 (木)

大阪市議会が中学給食費就学援助の全額支給の陳情書を採択 12月6日

 秋の大阪市議会には2回にわたって「中学校給食費の就学援助費全額負担を求める陳情書」を出してきました。

 来年秋からの中学校全体の給食への移行に伴って、就学援助費で給食費全額を負担するよう求めてきました。

 9月の市議会での陳情は継続審議として事実上棚上げとなりました。

 12月23日、改めて下の陳情書を大阪市議会に提出しました。大阪市の中ではすでに就学援助費全額負担への動きがあったようで、市与党の維新の会を含めて12月の議会では私たちの提出した陳情書が採択されました。ご協力いただいた皆さんにお礼申し上げます。

大阪市会議長様

   中学校給食費就学援助の全額支給を求める陳情書

【陳情趣旨】

大阪市では、学校給食費について、小学校では給食費の全額が就学援助の対象となっているにも関わらず、中学校では支給率が2分の1となっています。

 吉村市長は10月市会で「同じ制度でありながら、小学校が全額であるにもかかわらず中学校で2分の1なのは、制度としては問題との認識に変わりはない。全ての中学校で学校調理方式へ移行する来年度2学期に全中学校で全員喫食となり、設備投資が完了となる。公平性の観点からも、財政的観点からも一つのタイミングである」と答えています。

 12月には予算編成が始まることから12月市会で来年度9月から中学校給食費就学援助を全額支給とすることを決める必要があります。

【陳情項目】

 来年度9月からの学校調理方式への完全移行に伴い中学校給食の就学援助費を全額支給にすること。その予算を来年度予算に計上すること。

2018年11月26日

 

« 2018年10月26日大阪府教育庁私学課との「協議」報告 | トップページ | 2月23日教育研カフェ 象徴天皇制は教育でどう扱われているか »

トラックバック

« 2018年10月26日大阪府教育庁私学課との「協議」報告 | トップページ | 2月23日教育研カフェ 象徴天皇制は教育でどう扱われているか »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ