« A4 | トップページ | A6 »

2018年5月 4日 (金)

A5

5;森友小学校が、日本の民族主義、国家主義に基づく反動思想に満ちあふれた学校であることを端的に示しています。

 

 「神ながらの道精神」を土台とした「教育勅語」教育が、「日本人としての誇り」のみを身に付け、他国人を見下す、あるいは人間全体を見下す「ノブレスオブリージュ精神」を身に付けた人間しか生み出さないことは、Q1で示した通りです。

 また、ここで云う「国家有為の人材」「国家への貢献」は、いわば神がかった国家=天皇制国家に忠誠を尽くす、その国家のために命を投げ出す「人材」を意味するとしか考えられません。

 森友学園の背骨というべきものが三つあげられています。一つは「教育勅語」であり、さらに「五箇條の御誓文」と「歴史と伝統に基づいた教育」です。

 「歴史と伝統」が森友学園の場合、これまでの脈絡からして天皇・天皇制、およびそれにまつわる文化としか読めませんから、それに基づく教育とは天皇・天皇制教育の意味です。およそ国民が主権者である日本国憲法とその下で成立した1947年教育基本法の精神とは相容れぬ反動的教育です。

 「五箇條の御誓文」は、明治天皇が「新しい国づくりの方針を神々に誓うという形」で発表した、と右派教科書でもよく取り上げられるものです。天皇はその中で、会議を開き、世論に基づいた政治をめざすこと等を明らかにし、この方針に基づき、多くの改革が実行された、と説かれます。彼らにとって何より肝心なのは、天皇が新しい方針を発表した、というところです。「会議」「世論」とあたかも民主主義的政治が目指されたように誤解させますが、この場合、せいぜい倒幕に動いた雄藩(薩摩、長州、土佐等)の旧藩主、藩士たち(その後、天皇制官僚に変化していきます)による合議が念頭に置かれているに過ぎません。天皇中心の絶対主義国家づくりの方針を持ち上げているのです。

 これらに基づく「日本精神の高揚」「国家観の醸成」なるものが、「明治維新」によって成立し、細かい変化は遂げたものの敗戦まで存続した天皇制絶対主義国家の絶対視、天皇・天皇制国家を絶対とみる「日本精神」という反動思想そのものであることは言を待ちません。

 「男女別クラス」というのに突然目を引かれます。「男女七歳にして席を同じうせず」といったところでしょうか。「躾」や「けじめ」や「心の育成」とか麗々しく書いてありますが、男女同権とか、基本的人権とか、戦後日本の教育で大事にされてきたはずの価値が、この小学校ではどう扱われているのか、推して知るべしでしょう。

« A4 | トップページ | A6 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759078/73425141

この記事へのトラックバック一覧です: A5:

« A4 | トップページ | A6 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ