« 2016年8月 | トップページ

2016年9月

2016年9月26日 (月)

11月23日 生田武志さん講演会を開きます

深刻化する大阪の子どもの貧困
大阪の「子どもの貧困調査」を受けて今何が必要か考えよう!

11月23日 講演 生田武志さん
「子どもの貧困の現場から見えてくるもの」
報告 大阪府・市の「子どもの貧困調査」

参加費:800円
日時11月23日(水・祝日)14:00~16:30 (開場13:30)
(あべのベルタ3階) 場所阿倍野市民学習センター講堂
地下鉄谷町線「阿倍野」駅7出口、または地下鉄・JR「天王寺」駅前駅出口2出口から

 2012年の日本の子どもの相対的貧困率は16.3%となり、6人に一人の子どもが貧困下に育っているというきわめて深刻な状況にあります。それ以降も子どもの貧困の基礎にある「ワーキングプア」の拡大などによって事態はもっと深刻化しています。安倍政権は年に「子どもの2013OECD 貧困対策の推進に関する法律」を制定しましたが、国が教育にかける公的資質の割合は、加盟国の中で日本は比で最低であり、子どもの貧困対策もほとんど進んでいません。政府のGDP「子どもの貧困対策に関する大綱」は既存の事業の寄せ集めになっており、とりわけ教育分野では子どもの「学力向上」策に特化しています。つまり、貧困な子どもたちは、自ら「学力」をつけ、「貧困の連鎖」を断ち切れ、というわけです。それができなければ「自己責任」として切り捨てるものです。

 貧困率の高い大阪府で、この夏、大規模な「子どもの貧困調査」が行われました。中でも大阪市は、小学校5年と中学校2年の子ども約4万人と約6万人の保護者を対象にし、9月末にも集計の速報値を公表し、貧困対策を来年度予算化する予定です。しかし、9月15日に吉村大阪市長は子どもの貧困調査を塾助成の拡大に利用する方向性を強く打ち出しました。塾助成で子どもの貧困は削減されません。

 大阪市の子どもの貧困はきわめて深刻です。私たちは、大阪府・市での「子どもの貧困」調査結果を検討し、貧困を削減していくためには何が必要なのか、大阪市の貧困対策はどうなっているのか、考えていきたいと思っています。是非、一緒に考えていきましょう。

 子どもに「教育への権利」を!大阪教育研究会

生田武志さん 野宿者ネットワーク代表、ホームレス問題の授業づくり全国ネット
代表理事。著書に「貧困を考えよう」(岩波ジュニア新書)など多数

2016年9月25日 (日)

9月11日 大阪教育研カフェ これでいいの!橋下維新の教育改革の8年 報告

 9月11日の教育研カフェには30人近くの参加がありました。ありがとうございます。
 今回のカフェは「ザ・ドキュメント 子どもが笑う大阪~大阪教育改革8年」というテレビのビデオを見ながら、その中で取り上げられたいくつかの問題を参加者で議論するかたちで進められました。それを通じて維新の教育改革の8年が大阪の教育をいかに破壊してきたか、実態から迫ろうというものです。
 最初に取り上げられたのは、全国学テの結果公表、内申書への反映が何をもたらしたかという問題です。番組の中で紹介された障がいを持つ子どもの親が「うちの子、欠席させましょうか」と行ってきたという事実に参加者は強いショックを受けました。自身が障がい者である北口昌弘さん(高校問題を考える大阪連絡会事務次長)からは、さらに「知的障がいを持つ子どもが学校からチャレンジテストを受けないでくれと言われた」という報告があった。彼はチャレンジテストを各学校の成績と個人の内申に組み込むやり方は、障がいを持つものに「自分はもしかしたら(平均を下げる)迷惑な存在なのではないか」と思わせる、とても危険なものだと指摘しました。全国学テ・チャレンジテストによる競争の押しつけが、障がいを持つ人が「役に立たない人間」として差別を作り出しているのではないか、と提起した。中学校の先生からは、来年以降チャレンジテストを1・2年生ではその学年の評定を決める直接の資料にし、3年生では各学校の評定の平均を決める材料にすること(大阪市ではさらに独自統一テストを個人内申の直接の材料にする)などの説明があり、1・2年生では平常点や宿題など頑張っていても、1回のテストが悪いだけで1年間の評定が下げられることがあること、また、成績が下がることを避けるために塾などがテスト欠席を進める傾向が現れていること等、現に起こっている問題点を指摘しました。

 後半では維新の「高校改革」は何をもたらしたかが問題となりました。大阪ではグローバルリーダースハイスクール(所謂トップテン)を先頭に徹底した競争主義が押しつけられたこと、私学の無償化も公私の競争押しつけのために行われたこと等が指摘されました。競争の結果、定員割れを起こした学校、生徒があふれる学校の現状をどう考えるか。また、露骨な進学校シフトと特定の学校だけに多額の税金を投入することをどう考えるかなど問題提起がされました。
 定員割れで廃校にされる公立高校については、障がいを持つ生徒が公立高校に行きたくても自立支援コースの枠は少なく困難だ、定員割れの学校を廃校すれば、定員割れを使って入学する障がいを持つ生徒の行き場がなくなる。これ以上つぶさず、障害のある子もない子も、ともに学べる場として充実させるべきという声が上がった。

 最後に「相模原事件について」、北口さんから大阪の維新が進める教育は事件の下地になる、役に立つ人間、役に立たない人間に2極化する教育が事件を生み出している背景ではないか、障がい者を施設や支援学校に集めて見えなくする政策と現状が事件を生み出している。ともに学び、遊び、働くような社会を作らないと事件はなくならないと鋭い指摘がされた。

 今回のカフェは、学校現場で起こっているたくさんの事柄についてあれこれ検討するにとどまった感がありましたが、これらの議論を下に、さらに維新教育改革の生み出す教育破壊について明らかにしていきたいと考えています。

« 2016年8月 | トップページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ