« 10月31日橋下「教育改革」を問う!シンポジウム | トップページ | 6月11日「教育研究会CAFE」のご案内・詳細! »

2016年3月18日 (金)

教育研CAFE 何のため?道徳の教科化!

教育研では、4月9日(土)に「子どもの心の支配は戦争への道か!?何のため?道徳の教科化!」をテーマに教育研CAFEを行います。ふるってご参加ください。

◆日時4月9日(土) 14:00~16:30
◆場所阿倍野市民学習センターアトリエ
地下鉄谷町線「阿倍野」下車、あべのベルタ3階
◆内容
◇文科省の進める道徳の教科化とは?
◇育鵬社の道徳教科書の検討

 安倍政権は「戦争法」と同時並行で道徳教科化を強力に推し進めました。昨年、文科省は、道徳の学習指導要領を改定し、教科書作成の基となる「学習指導要領解説書」「教科書検定基準」を作りました。そして、この4月から道徳教科書の検定が始まります。2017年4月の小学校での道徳の教科化(中学校は2018年4月)は待ったなしの状況にあります。

 道徳の教科化は戦後教育の大転換を意味します。戦争中の教育は、「修身」などの教育によって、子どもの心までも支配し戦争に導いていきました。戦後教育は、その反省から国家による教育への介入、子どもの心の支配を拒否することから始められたのです。道徳の教科化は、これまでの道徳の授業とは質的に全く違うものになります。検定教科書が使用され、厳密な指導計画が強制され、子どもたちの評価も行われることになります。しかも、指導要領では、各学年について「善悪の判断」「節度、節制」「規則の尊重」「家族愛」「「伝統と文化の尊重、国や郷土を愛する態度」など22の徳目を示し、これらを「全ての児童に指導する」と規定しました。「愛国心」については、小学校1年生から教え、5・6年生では重点的に取り上げさせようとしています。

  道徳の教科化をどのように考えたら良いのでしょうか。子どもたちの心を支配することの意味は何なのでしょうか。ぜひ、教育研カフェで、一緒に考えていきましょう。

« 10月31日橋下「教育改革」を問う!シンポジウム | トップページ | 6月11日「教育研究会CAFE」のご案内・詳細! »

例会案内とお知らせ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1759078/64506552

この記事へのトラックバック一覧です: 教育研CAFE 何のため?道徳の教科化!:

« 10月31日橋下「教育改革」を問う!シンポジウム | トップページ | 6月11日「教育研究会CAFE」のご案内・詳細! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ